眼鏡デザインの難しさ

先日、DJUALの柳さんが
美唄に来られた際に言っていたこと。。。。
お店はもちろん、お客様に心から喜んで頂ける眼鏡を作りたい。。。
DJUALはそんな愛されるブランドでいつまでもいたい。。。』

私は、即座に答えました。
『大丈夫!柳くんは、今もしっかりと信念を持って
素敵な眼鏡を生み出しているから!
グランプリを受賞したのだって
かなり凄いよ〜!』

柳くんは
『よし!何だか自信がついてきた。
これからも一心不乱に頑張りますっ!!!』

私は、その後。。。。
『でも、柳くんを支えてくれているのは、
奥さんのはずだから、しっかりと愛してあげてね^^』

柳くんは、
『わかりました〜!それでは奥さんに
新千歳空港で三升漬を買って帰ります〜^^』

そんな素朴な眼鏡デザイナー柳 根宇氏!
私は、とっても魅力を感じてしまいますね。

IMG_4743
DJUAL  G-01

とんでもない眼鏡作りの熱意の中から
生まれたモデルで、
眼鏡工場のカリスマN氏からしても
かなり製作が難しいと宣告されても
決して妥協せずに何度も工場に足を運び
最後は誰もがやらなかった眼鏡を
完成させてしまうから凄い!

結果として2年連続で
アイウェアオブザイヤー・サングラス部門グランプリの受賞です!
(昨年は、メンズ部門グランプリを受賞しました。)

 

IMG_4747

これからも良きパートナーとして
業界を盛り上げていきたいですね〜^^

 

皆さん、インフルエンザにはくれぐれも
お気をつけて下さいね。(うがい、手洗い大事ですね!)

 

                  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA