日別アーカイブ: 2021年10月31日

レンズのクラック

みなさん、こんばんは!
スタッフ石田です。

朝晩寒い日が続き、夏が恋しくなります。北海道は暖房が欠かせない季節になってきました。また僕の苦手な季節がやってきます。

冬によくありがちですが、寒いところから暖かいところに入ったときメガネは曇ります。しかも眼鏡が冷え切っているので、なかなか曇りが取れない。そしてレンズをストーブに近づけて曇りを取る。もちろんこれは絶対NG。なぜなら殆どのレンズはプラスチックレンズなので、コーティング(マルチコート)がひび割れ(クラック)をおこしてしまうのです。

osc-img4

プラスチックレンズ自体は気温の変化で収縮できる素材なのですが、表面のコーティングは収縮できない素材なので、結果的にクラックがおきてしまいます。

無題

(115℃の環境で5分間放置したレンズ)

なので、他にも炎天下の車中に眼鏡を置きっぱなしや、外で焼肉などをしたときの炭火の熱などでもクラックはおきます。あとは何もしていなくても、使用し始めてから数年で劣化がはじまり、徐々にクラックは生じてきます。ですが、最近は熱や経年劣化に強いとされているレンズも各社から発売されています。収縮できるコーティングを施すことによって解決しているようです。ですがあくまでクラックがおきないというわけではなく、おきにくいと考えたほうがいいかもしれません。お店にサンプルも置いてありますので、ぜひお立ち寄り下さい!!

それでは皆さん、また来週~^^

                  

MASUNAGA GMS-118S(new)

MASUNAGA
GMS-118S(new)
col.#213-BR/GP
size.46□22-150
material.titanium+acetate
price.¥44,000(税込)
made in japan

GMSの新作モデル。
多角形のレンズシェイプにアセテートのインナーパーツを組み込むことにより、目元にアクセントがついてフェイスの引き締め効果が期待出来ます。このようなインナーパーツが付いた眼鏡はマスクとの相性も良いのが特徴です。

#masunaga #masunaga1905 #増永眼鏡 #光輝 #gms #gms118s #日本製 #madeinjapan #サングラス #sunglasses #眼鏡 #メガネ #eyewear #メガネの三愛 #北海道 #hokkaido #美唄 #bibai #meganenosanai #提案型眼鏡店 #毎週火曜日定休日 #9時30分から19時まで営業 #両眼視機能検査 #札幌オフィスは完全予約