日別アーカイブ: 2014年2月8日

スーパーレジスタンスコート

みなさん、こんばんは!!
メガネの三愛スタッフ石田です。

関東方面のみなさん、大丈夫ですか!?
雪が凄いみたいですね。
Facebookの投稿などを見ると、
結構積もっていてビックリ。
お気をつけ下さい!

メガネのレンズには、
大きく分けるとプラスチックとガラス、二種類の素材があります。
現在は、ほとんどがプラスチックですが、
どうしてもガラスレンズより劣るのが、
「キズ」に弱い・・・
メガネの調整等で沢山の方のメガネを拭くのですが、
大体のキズが、拭きキズです。
理想は一度水洗いして、ホコリを流してから拭く。
油汚れなどがひどい場合は、水洗いをしたあとに、
レンズ専用のクリーナーなどで油分を落とす。
よく売っている、
「ウエット式のペーパーで拭いているのに、なんかキズが入るんだよね~」
という方もいらっしゃるのですが、直接拭くのは厳禁ですよ!
いくら湿った紙でもレンズにホコリや砂埃が付いたままだと、
細かい擦り傷は入ります。
ウエット式のいい所は、油分が取れやすいだけなんです!
なぜレンズってホコリ付きやすいんだろう・・・
原因の一つにプラスチックレンズは、拭くと静電気が発生しています。
その静電気によって、目に見えない細かい砂埃とかが付着します。
そこで!今日ご紹介したいのはこれなんです!
レンズメーカーさんからサンプルが届いたので、
最後に動画で紹介したいと思います。
シャイなので姿はもちろん、声もありませんが・・・・

動画の内容は、
白い粒は発泡スチロールなのですが、

左側のレンズは拭くと静電気が発生し、
レンズの下で発泡スチロールがレンズに付着してます。
一方、右側のレンズは拭いても、何も変化なしです。
要は、レンズ拭き取り時の、静電気の発生を抑え、
砂埃などを付きにくくし、手入れが楽になります。

☆従来のコート
通常のプラスチックレンズイメージ

☆帯電防止コート
スーパーレジスタンスコートイメージ

でも勘違いしてはいけないのは、
絶対にキズが入らないという訳ではありません!!
手入れが楽になるということです。
お店にサンプルがありますので、実際に試してみて下さいね!!

では、
実際の動画をどうぞ〜

 

こんな感じですが
お分かりになりましたか?

店頭にご用意してありますので
是非、お試し下さい。