適正視力検査

自動車運転免許の取得
又は更新時の適正検査における視力は
早めの確認をお勧めします。
両眼視機能を検査した後
深視力計により確認させて頂きます。

 

【自動車運転免許適正検査の合格基準】

・原付免許、小型特殊免許の視力基準
両眼で0.5以上、又一眼が見えない方は
他眼の視野が左右150度以上で視力が0.5以上

・中型、準中型、
普通免許・二輪免許の視力基準
両眼で0.7以上かつ一眼がそれぞれ0.3以上
又一眼の視力が0.3に満たない
もしくは一眼が見えない場合
他眼の視野が左右150度以上で視力0.7以上

・第一種中型免許、第一種大型免許
準中型免許、及びけん引免許
第二種免許の視力基準
両眼0.8以上かつ一眼がそれぞれ0.5以上
更に深視力として三桿法により
3回検査した平均誤差が2センチ以下

各種、視力の件につきましては
お気軽にお尋ね下さい。

                  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA