色覚のこと

 

円のなかに
何か数字や模様が描かれてあるのが分かりますか?

目の特性の一つである色覚は
色を識別する錐体細胞が色の認識や識別の仕方が
多くの人とは違うという意味で
色覚異常とか色覚障害という言葉が使われています。

一般的に赤緑色覚障害といわれているのは
赤と緑の区別がつきにくいタイプで
日本人男性の約20人に1人
女性でも約500人に1人が
赤緑色覚が多くの人とは違うタイプに
含まれて
いるといわれています。

色の三大要素である
色相、彩度、明度を感じる細胞に
人によって差があり
その結果として色の見え方や感じ方に
どうしても違いが出てきてしまいます。
色相が色を認識する上では
1番大きい要素といわれていますが
色の見え方に違いが大きいと
日常の生活においても
特定の色の見分けが困難になるので注意が必要です。

メガネの三愛では
色覚特性における検査を実施しておりますので
お気軽にお尋ね下さいね。

                  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA