熱クラック

みなさん、こんばんは!
スタッフ石田です。

美唄は快晴な日が続き、稲刈りも始まり新米も店頭に並び始まる頃だと思います。
これからの北海道はだんだんと寒くなってきます。
来月の末頃には暖房を付け始めるのでしょうね。

寒いところから暖かいところに入ったときメガネって曇りますよね。
しかも真冬とかだと眼鏡が冷え切っているので、なかなか曇りが取れない。
そしてレンズをストーブに近づけて曇りを取る。
これは絶対にダメです。
なぜなら殆どのレンズはプラスチックレンズなので、
コーティング(マルチコート)がひび割れ(クラック)を
おこしてしまうからです。

プラスチックレンズ自体は気温の変化で収縮できる素材なのですが、
表面のコーティングは収縮できない素材なので
結果的にクラックがおきてしまいます。


(115℃の環境で5分間放置したレンズ)

なので、他にも炎天下の車中に眼鏡を置きっぱなしや、
外で焼肉などをしたときの炭火の熱などでもクラックはおきます。
あとは何もしていなくても、
使用し始めてから数年で劣化がはじまり、
徐々にクラックは生じてきます。
ですが、最近は熱や経年劣化に強いとされているレンズも
各社から発売されています。
収縮できるコーティングを施すことによって解決しているようです。
ですがあくまでクラックがおきないというわけではなく、
おきにくいと考えたほうがいいかもしれません。
お店にサンプルも置いてありますので、ぜひお立ち寄り下さい!!
それでは皆さん、また来週~^^

                  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA