偏光レンズ

みなさん、こんばんは!スタッフ石田です。

先日久々にスキー場へ行き、あらためて思ったことがあったのですが、「やっぱり偏光レンズはいい!!」ということ。

太陽を直接見ると、もちろんまぶしい。でも直射日光を見ているわけでもないのに車の運転などまぶしいと感じるときがあると思います。スキー場はもちろん、雪が積もった路面などはまぶしさが増します。

例外もありますが、まぶしいと感じる光のほとんどが、乱反射によるものだと思います。これらの光を極力減らせば、まぶしさは減少します。偏光レンズは一定方向の光だけを通す構造なので、水面や路面などで乱反射した光をカット。視界をまぶしさから守ってくれます。

すべての光を減少させるサングラスに比べ、一定方向の光のみを通す偏光レンズは、視界がクリアで疲れにくいのが特長です。釣りに使うと水中の魚がよく見え、ドライブに使うとダッシュボードのフロントガラスへの映り込みを除去。スキー場では雪面の光の反射を抑えてくれます。車の運転などでは、路面の反射や対向車のドライバーの状況がよく見えて、疲れにくいだけではなく安全運転にも役立ちます。

偏光膜の説明

比較写真

もう少し続く冬の北海道に、偏光レンズはおすすめです^^

                  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA